最近、旦那が相手をしてくれない。「ごめん、今日はもう疲れた」、「そういう気分じゃない」などはぐらかされる。浮気をしているようではないし、私に興味がなくなったのかな?…いいえ実はそれ、精力が落ちているんです。その原因についてご紹介します。

高血圧の診察画像

2016年12月の記事一覧

夏の疲労に向け、精力を蓄えるサプリを薬局で購入

精力は本人のバイオリズムによって変化します。激しく高まる時期もあれば、反対に精力が枯渇し、SEXへの興味がまるで無くなる時期もあります。
気候の影響も軽視出来ません。夏バテや5月病といった言葉が昔からある通り、人は気候や季節の変化で、体調を崩します。
夏場はただ暮らしているだけでも湿度や気温によって疲労します。体の蓄積した疲労は精力減衰を誘発します。
春先は気候も穏やか、長引いた冬の季節からの開放感によって高い精力を感じる時期ですが、季節がある程度進み、6月から7月頃になりますと、夏バテの症状に襲われます。

無論、夏バテになるか、ならないかは個人の暮らし方や基礎体力によって変化しますので、全員が疲労による精力減衰に至るわけではありません。
しかし、地球温暖化と気候変動が激しくなってきた今、日本人の多くが熱中症と夏場の疲労に苦しんでいます。
日本列島は土地柄、必ず毎年激しい夏のシーズンがやって来ますので、毎年夏場の疲労に苦しんでいる男性陣は、大型連休期間の頃から、着々と対策を講じておきましょう。

せっかくの夏休みシーズンに、疲労から来る精力減衰を抱えていては恋人や妻との素敵な一夜が過ごせません。
女性の方が夏バテし難く、男性の方が夏バテによる一時的なEDになりやすい、との指摘もありますので、夏休みのお泊り旅行などに、水を差さないためにも、薬局を訪問しておき、対策のアイテムを揃えておきましょう。
マカ、亜鉛、ビタミン、葉酸、コエンザイムキューテン、コンドロイチン、ポリフェノール等が配合されたサプリメントが、最近の薬局には並んでいます。
素早く疲労回復が図れるエナジードリンクも男性の精力アップに効果的ですが、夏バテ防止を考えるなら、地道な体質改善が出来るサプリメント類の方が適切です。

続きを読む